フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

こうじなっとう

こうじなっとう
ほぼ毎日犬の散歩途中にカップ酒を買いに来る

近所のじいちゃんがいる。
昔料理人だったそうで、時々じいちゃん手作りの

酒によく合う肴を頂く。
今日は「麹納豆」なる物を頂いた。
麹と納豆をまぜて味もついてて辛味とニンニクも入ってるらしい。
そもそも冬に作っておいて夏に食べるスタミナ保存食だそうだ。
初めて食べたが 納豆の臭いがなくって、少し噛みごたえがある

ほの甘い麹粒が酒のお供によくあう。
麹を使った甘酒もせいのつく夏の飲み物だし、これから

夏の暑さと戦う為の力つけなきゃね!

2011年6月21日 (火)

東北地方梅雨入り

とうとう夏の一歩手前の梅雨に突入

キリっと冷たい日本酒で 夏本番の暑さに負けない気力体力チャージ!!

東北地方梅雨入り「純米生酒 浦霞」

720ml 1344円 1.8ℓ 2793円 

宮城県産まなむすめのやさしくてすっきりした旨味。宮城県限定の酒

東北地方梅雨入り「萩の鶴 純米吟醸別仕込」

720ml 1470円 1.8ℓ 2940円 

猫ラベルを見るとやさしいのんびりした雰囲気ですが華やかな吟醸香と

キレよいすっきりしたシャープな飲み口でシャキっとする系

  
東北地方梅雨入り純米吟醸「佐藤農場」生 

3675円 一迫小僧山の清水で育った佐藤農場の山田錦を、

同じ小僧の清水で醸した清らかさと深みある綿屋の限定酒

2011年6月14日 (火)

ゆりあげ美晴鮓

ゆりあげ美晴鮓
我が町 大富団地の中に
「ゆりあげ美晴鮓大富店」があります。
少し奥まった場所ですがその確かな味を求めて遠方からも足を運ぶ人が多い寿司屋さんです。
海に程近いゆりあげ本店は3.11の津波で店舗も親方も流されてしまいました。
弟である大富店の親方は ゆりあげに本店があってこその「美晴鮓」なので、早く元の場所で再開したいが まだ建てる許可がでないし、港も船もなにもかも無いと 途方に暮れた様子でした。
どうかその時まで美晴鮓の味が守られますように。
そして 日本一と言われるゆりあげの赤貝がはやく食べられますように。

住所:黒川郡大和町もみじケ丘二丁目26-2

2011年6月 7日 (火)

山和 特別純米中取り原酒

山和 特別純米中取り原酒
夏を感じる日差し
爽やかな風
まるで今日の天気のような味わい。
720㍉もでました。1417円
1.8㍑ 2835円


明日は休業させていただきます

2011年6月 4日 (土)

綿屋 震災復興酒第二段

綿屋 震災復興酒第二段
「山田錦70磨き」2835円
震災時 醗酵途中のお酒でした。温度管理がままならない一週間、寒波で酒蔵は低温を保つことはできたものの このお酒のモロミは醗酵が滞り 風邪をひいた状態になりました。その後の蔵人達の懸命な努力により なめらかで芳醇なお酒となりました。
今季から大役を引き継いだ若き鎌田杜氏 大変な年でしたが お疲れ様でした。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »