フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

入荷情報

入荷情報
新入荷!京都は京丹後市から「白木久 無濾過純米生原酒 マスカットのような香りとグレープフルーツのような爽やかでほのかな軽い苦味が洋食やイタリアンと良く合います。四合瓶はワインボトルにガラスの蓋が洒落てます。2,700円 / 1,620円

もひとつ京都だ「澤屋まつもと雄町純米吟醸生酒」1.8ℓのみ3,348円
野性的な雄町らしさを55%まで磨くことでエレガントで凛とした味わいになりました。

角右衛門 美山錦純米吟醸生原酒 無圧中汲み 1,512円 。昨年は試飲用と品切の知らせが同時で仕入れられず。今年は多くの人に呑んでもらいたいと四合瓶のみの出荷です。上品な香り穏やかにふっくらした旨味です。
岩手の「タクシードライバー」はどっしりしたコクある辛口。720mlも入荷したので、「ラベルがちょっと・・・」と言う方、試しに呑んでみてね!
綿屋 特別純米生原酒 3,240円/1,620円
地元一迫長崎産トヨニシキ55%精米
自分が一番綿屋らしいと思うのはこのトヨニシキの膨らみとキレです。

・・・朝は降ってなかった雪がだんだん積もってきました。

2015年1月26日 (月)

奥羽自慢「ふぞろいの酒米」

奥羽自慢「ふぞろいの酒米」
ふぞろいの・・・と言うと、頭に浮かぶ映像とメロディーがありませんか?きっとあなたはアラフォー、アラフフィー世代!サザンの「いとしのエリー」を口ずさんでしまうはず。
あのドラマはいわゆる一流ではない二流の落ちこぼれ大学生達の物語でしたが、お米もふるいから落とされる小粒の米があります。これら規格外の米でも「美山錦」オンリー!60%精米!純米酒とは名のれませんが米と水だけで造った「純米」です!価格は2千円でおつりがきます。
良い原料じゃなくても美味い酒を造るのもまた職人技。蔵元さんの農作物に対する愛が詰まってると思います。

2015年1月15日 (木)

阿部勘KAERU@sweet2

阿部勘KAERU@sweet2
阿部勘らしくない酒「カエルシリーズ」の「sweet2貴醸酒」はとっても甘くアイスワインのようにフルーティで日本酒らしくない!・・・のか?
水の代わりに酒で仕込む貴醸酒は、平安時代の古文書「延喜式」に記されている古代酒の製法が元になっているそうです。トロリと甘いのにさらりとした後味の贅沢なお酒です。

720mlのみ 税込1,620円

2015年1月14日 (水)

近所のどんと祭にて

近所のどんと祭にて
杉玉が火の玉になっていきました。
でもウチの店の軒下には相変わらず茶色の杉玉をぶら下げています。酒蔵は新酒ができた知らせとして青い杉玉に替えますが、ウチは酒屋なので円熟の茶色のままでいます。造りはしてなくても瓶の中で円熟して人の円の中で美味しく呑んでもらえる願いを込めて・・・。

2015年1月 9日 (金)

インスピレーション

インスピレーション
年明け最初のブログ更新!間が開き遅くなりましたが本年もよろしくお願いしますm(_ _)m

年明け最初の入荷は
黄金澤うすにごり山廃純米生原酒 と
蔵王 特別純米生酒「インスピレーション」
真っ黒でワインちっくな外観から想像した新しい味のイメージとは違い、割とどっしりした辛口。
昨夜の晩酌で受けた味わいのインスピレーション それは「ふきのとう」
香りは派手じゃないけど酒の上に力強く存在してる青草のような香りと若々しいほのかな苦味のある清らかな辛さ。食中にキリッと〆てくれるようなのどごし。飲み頃はもうちょっと先のように思うので季節の折々に味をみてみようと思います。どう咲いてくれるかな?
宮城の酒米「蔵の華」50%精米を宮城マイ酵母で醸したalc分15度のお酒です。

3,024円 720ml 1,512円

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »