フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月25日 (火)

白木久 純米903「くまさん」

白木久 純米903「くまさん」
今月の上旬には入荷し、目新しいラベルのかわいさもあり順調な売れ行きの「純米くまさん」
お盆までの暑さの中で常温〜お燗がオススメの柔らかな熟味のくまさんをオススメするのは少し早いかなぁとの思いもありつつ、暑さで疲れた体に優しく染み入る様な常温くまさんの味わい。
お盆を過ぎてトンと涼しくなり、昨夜くまさんのお燗で晩酌・・・と思い瓶を見るとカラでガッカリなのでした…。
今頃このお酒の原料米「森のくまさん」はラベルのくまさんのように台風15号の強風と闘っているんだろうなぁ。
ドライフルーツの様な濃蜜な旨味と酸味が白木久さんならではのきめ細かな優しい口あたりになって、秋の夜にしっぽりと酔える味わいです。

2015年8月18日 (火)

澤屋まつもと 富山県南砺産 五百万石

澤屋まつもと 富山県南砺産 五百万石
富山県なんと市
岐阜の白川郷と共に世界遺産である五箇山合掌造りの集落がある所。合掌造りがあるということは豪雪地帯ということ。そんな気候環境に合わせた農協さんの徹底した管理により南砺産五百万石は毎年ほぼすべて一等米だそうです。そんな南砺の素晴らしさ、そこで育った「五百万石」の素晴らしさにスポットを当て「純米吟醸」だとか「無濾過原酒」だとかはあえて記載しないそうです。
爽やかな柑橘系の香りと綺麗でハツラツとした酸味に黄色いラベルが良く合います。山田錦や雄町の個性にも劣ることのない、五百万石という米をぜひご鑑賞ください。

2,916円 / 1,458円

2015年8月14日 (金)

天明 純米本生 プロトタイプ

天明 純米本生 プロトタイプ
最近プロトタイプとか試験醸造などの名目で、まったく新しい味わいの日本酒がイロイロ出ており、やはり味を見る時にワクワク感があるものです。
天明さんのプロトタイプは55*65。これは麹米と掛米の精米歩合で、定番の本生純米は60だからビミョーな違い。米はもちろん地元産「五百万石」で同じ。酵母は従来どおり協会9号に自社酵母を僅かにブレンド。その他 日本酒度は1、酸度、アルコール度数の数値も僅かな違い。ラベルもしかり。
きき酒の結果・・・とくに軽くなったわけじゃないのに酒が進む⁉︎ 定番の本生純米はどっしりして米原料感豊かなお酒ですが、プロトタイプは従来のクラシカルなスタイルを継承しつつ、やわらかな口あたりの中にメロン(瓜)の様な果実味発見。新たな定番酒として生まれ変わる予定だそうです。
2,700円 / 1,350円

2015年8月12日 (水)

黄金澤 純米吟醸

黄金澤 純米吟醸
日本一を誇る12年連続金賞受賞蔵の新商品が出ました。美山錦50%精米の上品な果実的香り、それとまとまり良い凜と爽やかな酸味と旨味。
黄色いラベルに金色で隠し文字「koganesawa」・・・見つけてくださいね(^^)

3240円 / 1700円

2015年8月 4日 (火)

阿部勘 カエル85

阿部勘 カエル85
「阿部勘らしくない酒を造る」のがコンセプトのカエルシリーズ。今回は低精米純米酒。阿部勘のお酒は最も磨かない本醸造でも68%なので、85という精米歩合は平塚杜氏も全く未知だったそう。低精米の酒造りとして浸漬中に米油が浮いてきたり、雑味の原因となるアミノ酸が出過ぎたりするのを踏まえ、爽やかな酒質にするのに細心の注意をしたそうです。
注いだグラスに鼻を近づけると、黄金色の田んぼに吹き抜ける風を吸い込んだ様な稲わらの香り。力強く旨味と苦味、酸味が膨らむけどのどごしは綺麗で、最初に強く感じた香味は醤油の風味とごはんの様に馴染みます。
お燗もしてみましたが荒々しく膨らんでむせそうになり、燗冷めしたぐらいで落ち着いて呑めました。
低精米なだけあってお求めやすい価格の純米酒なので、華やかフルーティに飽きた方は是非飲んでみてくださいね。

2,376円 / 1,188円

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »